トップページ

    このサイトではカムリの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「カムリの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのカムリを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、カムリ(CAMRY)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社にカムリの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、地方でも対応していて無料です。

    「カムリを高く売りたいからの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが乗っているカムリの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買い取り金額を入札するので、数年落ちのカムリでも高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    カムリの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちのカムリの買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのカムリであっても高額買取が実現します。最大で10もの会社がカムリの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた業者に愛車のカムリを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者があなたが愛用したカムリを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したカムリを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天グループが運営している車一括査定サービス。
    カムリの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年大切に乗ってきたカムリを高額買取してもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは結構うれしいですね。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の買取業者がトヨタ・カムリの査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても一瞬で分かってしまうものです。

    軽微な損傷であって、それに相応しい修理が実施されているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    もし多くの買取業者で同じように査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    引越や結婚などで住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという話があるようです。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言うのが理由となっているようです。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    車内の掃除が行き届いていたり、査定前に洗車していようと、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。

    とはいえ良い影響がないわけではないのです。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    点数をつけるのは担当者ですから、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    ある程度を超えて走行した車というものは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったわけではなく、まだ道は残されています。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    中古車を売ってしまった後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    中古自動車売却に関して言えば、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    でも、新しく購入した車に関しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、下取り価格は業者買取価格より安くなるのは確かです。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。